愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

愛知県豊田市の小学生学習塾 勉強が好きになる!RAKUTO豊田校

もののしくみ研究室

2018年02月23日 15:32  短期講習

2018春期講習のご案内

2018春期講習のご案内です。
各クラス8名の定員となっております。
ご検討いただいている方には、早めのお申込みをおすすめします。


★★★ 内容 ★★★

<算数>
『算数忍者の算数パズル修行』
パズル問題に取り組むことで、算数脳に必要な数・形・論理思考のセンスを養います。

<国語>
『よみとる力、書く力、考える力を育む作文力!』
統計データを分析し、それを文章にまとめます。さまざまな形式のグラフや表を分析し、自分の考えと関連させて、作文を通して意見を述べます。

<理科>
『遠心力のナゾを解き明かせ!』
さまざまな実験を通して、遠心力にふれます。
遠心力をもっと強くするには、どうしたらよいのか?
予想して、実験して、考察して、分析し、スーパーコマづくりに挑戦します。

★★★ 日程 ★★★

<前期>
 3月25日(日)・26日(月)
   9:30~11:40 算数
  13:00~15:10 国語
  15:30~17:40 理科

<後期>
 3月27日(火)・28日(水)
   9:30~11:40 国語
  13:00~15:10 算数
  15:30~17:40 理科

※お申込みの締め切りは、各講座の1週間前となっております。



★★★ 定員 ★★★
 各クラス8名となっております。
 お申込みは、お早めにお願いいたします。

★★★ 受講料 ★★★
<算数:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 ------------------------
 合計:14,040円(11,880円)

<国語:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,080円
 ------------------------
 合計:14,040円(11,880円)

<理科:60分×2回×2日>
 12,960円(10,800円)
 テキスト・教材費:1,620円
 ------------------------
 合計:14,580円(12,420円)


 ()内は、RAKUTO生向け価格
 複数講座受講時には、割引があります。
 詳細は、お問い合わせください。

★★★ お申込み・お問い合わせ ★★★
お申込み・お問い合わせは、フリーダイヤル0800-111-3415までお願いします。
メールでお申込み・お問い合わせの方は、下段の「お問い合わせ・お申込み」をクリックすると、メーラーが立ち上がりますので、そちらからお願いします。
  <お問い合わせ・お申込み>


写真は、今年の冬期講習より。
勉強と工作を、目いっぱい、楽しんでます♪









⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月23日 06:00  学び~社会

スポーツで平和に貢献~サッカーワールドカップのすごいやつ

前回は、オリンピックについて紹介したよ。

『オリンピック~そもそもどんな大会なの?』
http://rakuto-toyota.jp/e435983.html


このオリンピックとならんで、世界的に人気があるのが、サッカーのワールドカップ。
オリンピックがはじまったのは、1896年のこと。
サッカーのワールドカップがはじめておこなわれたのは、その34年後の1930年のことだ。
大会が行われるのは、オリンピックと同じで、4年に1回。
冬のオリンピックと同じ年に行われる。

世界で一番人気があるスポーツといってもまちがいではないサッカー。
そのワールドカップとなると、動くお金もはんぱではない。
お金の面でいえば、オリンピックよりもずっと大きい。

例えば、2014年に行われたブラジル大会。
参加したチームに与えられた賞金の合計は、なんと586憶4000万円。

優勝したドイツには、賞金として35憶6000万円。
2位や3位の国にも、それぞれ25憶5000万円、22億4000万円がおくられた。

すごい金額だよね。

このワールドカップも、戦争と関係なしではいられない。

1942年と1946年の大会は、第二次世界大戦のために中止に。
オリンピックと同じだね。

一方で、こんなお話しもあるよ。

2003年9月。
アフリカにある、コートジボワールという国でのこと。

当時大統領だったバグボさん。
軍隊のやり方を変えることにした。
そのため、何人かの人が、軍隊をやめることになった。

軍隊をやめたくないのに、やめさせられそうになった人たちは、とても怒って大統領に反発した。
その結果、コートジボワールの国の中で、戦争が起こってしまった。
大統領VS軍隊の内戦、つまり同じ国民同士の戦争だ。

その後、内戦はどんどんはげしくなり、たくさんの人が死んでしまった。
コートジボワールの国は、まっぷたつにわれてしまった感じだ。

そんなはげしい内戦のさなか、コートジボワールのサッカー選手たちは、ワールドカップに出場するための予選を戦っていた。
今まで予選で負けてばかりで、ワールドカップに出ることができていないコートジボワール。
内戦にめげず、選手たちはがんばった。

そして、2005年10月。
コートジボワールの代表チームは、ワールドカップ出場をかけて、スーダンと試合を行った。
そして、勝利。
初めてとなるワールドカップへの出場を決めたんだ。
内戦で苦しむ人々も、これには大喜び。
たくさんの人が、うれしさに涙を流した。

その試合の後、代表チームのスーパースターであるドログバ選手が、テレビにむかって、メッセージを流した。

北の人も、南の人も、中央、そして西の人も、ゆるしあってほしい。
戦争なんてしていてはいけない。
どうか、武器をおいてください。

全国民がくぎづけになっているであろうテレビ中継の中で、こううったえかけた。
これがひとつのきっかけとなって、内戦は一時的に中断。

そして、2006年。
コートジボワールの代表チームが、はじめて出場したワールドカップのドイツ大会が行われたのち、コートジボワールの内戦が終わりをつげた。
やっと平和にくらせる日々がやってきたんだ。

スポーツを通じて、国に平和をもたらしたドログバ選手をはじめとしたコートジボワールの代表選手たち。
かっこいいよね。


写真はコートジボワールの首都ヤムスクロ。ウィキペディアより。
今年は、冬のオリンピックの年。ということは、サッカーワールドカップの年でもある。
今回の大会は、2018年6月14日から7月15日にかけて、ロシアで行われるよ。



⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月22日 06:00  学び~社会

オリンピック~そもそもどんな大会なの?

今から3000年近く、むかしのお話し。
ギリシアという国では、神様であるゼウスにささげるために、スポーツの競技会を行うことになった。
行われる場所は、ペロポネソス半島にあるオリンピアという場所だ。
そして、この大会は、今から1600年くらい前まで続いてきた。
この大会のことを、オリンピアの祭典とよぶ。

そして、今から100年ほど前のこと。
フランスのピエール・ド・クーベルタンさんが、「むかしのギリシアのオリンピアの祭典のように、世界的なスポーツ大会を開こう。」と提案した。
これが、今行われているオリンピックのはじまりだ。

はじめてオリンピックが行われたのは、1896年のこと。
ギリシアのアテネで開催された。

最初は、夏の大会だけだったオリンピック。
1924年からは、冬のオリンピックも行われるようになった。
最初の冬のオリンピックは、フランスのシャモニー・モンブランで行われた。

オリンピックが行われるのは、4の倍数の年。
夏と冬、同じ年に行われてきたが、1994年のリレハンメル大会から、冬の大会と夏の大会が2年ごとに行われるようになった。


「平和の祭典」とも呼ばれるオリンピック。
その歴史には、戦争の影響もたくさん見ることができる。

1916年、ドイツのベルリンで行われるはずだった大会は、第一次世界大戦のために中止となる。
その18年後、改めてドイツのベルリンで、オリンピックが行われることになった。

1934年のこのオリンピックは、「ヒトラーのオリンピック」とよばれる。
当時ドイツでは、ヒトラーが国ひっぱり、ユダヤ人を国からおいだす政策をとっていた。
ヒトラーは、「オリンピックはユダヤ人の祭典だから、反対。」と言っていたけど、まわりの人からうまく政治に利用できるといわれ、大会を行うことにしたらしい。

ベルリン大会を行うことが決まったのちも、ドイツでは、ユダヤ人をおいだす政策をとり続けた。
その結果、イギリスやアメリカなどの国が、オリンピックに参加しないと言い出した。

それを聞いたヒトラーは、ユダヤ人を追い出す政策を中止。
ベルリンオリンピックは、予定通り行われた。

ベルリンオリンピックから5年後。
ヒトラーは、となりの国ポーランドにせめこんで、戦争をはじめる。
第二次世界大戦の始まりだ。
この戦争で、ドイツ軍は、1934年のオリンピックの時に行った聖火リレーの道をたどって、他の国に攻め込んでいったといわれている。

1940年には、日本の東京でオリンピックが行われる予定だったが、中国に戦争をしかけていた日本は、オリンピックを行わないことにした。
1944年に予定されていたロンドン大会も、第二次世界大戦のために中止。
この時期、戦争の影響で、しばらくのオリンピックが行われることはなかった。

戦争が終わり、オリンピックが再開されたのは、1948年の事。
1944年に予定されていたロンドン大会を延期する形で、オリンピックが再開された。

1980年には、ロシア(当時ソ連)のモスクワでオリンピックが行われた。
この時期、ロシアは、アフガニスタンという国に攻め込んで、アメリカと対立。
アメリカや西ドイツ、日本などの国が、オリンピックへの参加をこばんだ。

政治や戦争の影響をうけながらも、「平和の祭典」として続けられてきたオリンピック。
ここまで、すべての大会に出てきた国は、たったの5つ。
どこの国だと思う?
想像できる?



・・・


答えは、ギリシャ・イギリス・フランス・スイス・オーストラリア。


さて、今年2018年は、冬のオリンピックの年。
場所は、韓国のピョンチャンだ。

今回のオリンピックも、韓国と北朝鮮が、同じチームでたたかうなど、政治の色を見るとができる。
しかし、オリンピックはオリンピック。
がんばっている選手たちは、しっかり応援したいね。

参考までに、メダルをとった日本人選手には、日本のオリンピック委員会から、賞金がもらえるよ。
金メダルが、500万円。
銀メダルは、200万円。
銅メダルは、100万円だ。

がんばれ、日本の選手たち(^^)/

写真は、1934年のベルリンオリンピックの様子。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月21日 06:00  学び~社会

地球温暖化対策~ドイツのだいたんな作戦とは?

なにかと取り上げられることの多い、地球温暖化(ちきゅうおんだんか)問題。
二酸化炭素(にさんかたんそ)などのガスが増えすぎて、地球がどんどんあったかくなっている。

ものを燃やすと出てしまう、二酸化炭素。
火をもやして電気を作る、火力発電所。
ガソリンをもやして走る、自動車。
いろいろな場面で、たくさんの二酸化炭素が出されている。

その二酸化炭素の量をへらそうと、世界中の国が、がんばっている。

中国では、自動車を作る会社に対して、新しいルールが決められた。
来年2019年から、売る車の10パーセント以上を、EV、つまり電気を使って走る車にしなければならないというルールだ。

電気を使って走る車からは、排気ガスが出てこない。
電気を作る時に出される二酸化炭素をうまくおさえることができれば、全体として二酸化炭素の量も減るはずだ。
中国では、2020年からは、12パーセントがEVというルールになる。

一方、ドイツでは、やはり自動車から出される排ガスをへらそうと、すごい取り組みが話し合われている。

日本と同じ自動車大国のドイツ。
自動車から出される排ガスを、いかにへらしていくのか。
これは、とても大事な問題だ。

そんな中、その対策として話し合われているのは・・・と、ここで想像タイム。

今回ドイツで検討されている方法は、とてもだいたん。
自動車から出される排ガスを減らすのではく、「そもそも自動車に乗らないようにすればいいんじゃない?」という発想からきている。

自動車にのらなくても困らないようにするには、どうしたらよいのか。
どんな方法がある?
みんな、想像してみて。



・・・



答えは、こちらの記事から。

『ドイツ、公共交通機関の無償化を検討 EUの大気汚染規制対策で』 AFP通信


ドイツでは、公共交通機関(こうきょうこうつうきかん)、つまり電車やバスなどを、無償(むうしょう)、つまりただにすることが検討されている。
電車やバスにただで乗ることができるのならば、車の利用も減るだろう。
そういう考え方だ。
早ければ、今年2019年中にも、ボンやエッセン、マンハイムなどの都市で、実験が開始される。

それにしても、この作戦は、だいたんだ。
ドイツは、日本と同じく、自動車大国。
大きな自動車会社がたくさんあって、そこではたらく人たちもたくさんいる。

電車やバスがただになって、自動車にのる必要がなくなれば、当然、自動車も売れなくなると思われる。
そうなると、自動車会社ではたらく人たちは、とても困るはず。

それにもかかわらず、この対策を行おうとしているドイツ。
環境問題を、とても大切にしているんだろうね。

もしも、日本で同じような取り組みが行われることになったら・・・。
トヨタや日産などの大きな自動車会社は、大きな声を出して反対することになると思われる。

ドイツのだいたんな取り組み。
どんな結果になるのか、注目だね。

写真は、ボン。ウィキペディアより。
人口およそ32万人。ドイツで19番目に大きい年だ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月19日 06:00  教室点景

先週の教室より~自分の道はどこにつながる?

2月のホップ地理は、『日本の農業』。

先週は、抑制栽培と促成栽培について。
年長さんや一年生たちには難しすぎるこの言葉。
こんな時は、寸劇だね。

・・・ということで、あなたは野菜役で、あなたは農家さん。

夏になって、どんどん育ちたい野菜ちゃん。

「はい、机の下から、頭出してきてね。どんどん育つよ。」

「農家さんは、それを”まだ育つなー、まだ育つなー”とじゃましてね。これが、抑制栽培だ。なんで、わざわざこんなことするんだろうね?」

抑制栽培が終わったら、お次は促成栽培。
この2月から入った年長さんも、すっかりなじんで一緒に大騒ぎ。
楽しかったね(^^)/





2月のホップ国語は、金子みすず詩集。

エノキの道は、木から森につながっているんだって。
カエルの道は、池から海につながっているんだって。
カカシのみちは、さみしいいなかから、都会へ。

みんな、マインドマップのブランチに、思いついた動物やキャラクターの名前をのせてみよう。
それらの道は、どこからどこにつながっている?
サルは?クジラは?ドラえもんは?

最後に、「自分」ブランチをたしてみよう。
みんなの道は、どこからどこへつながっている?
マインドマップを使って、たっぷりと想像タイム。
楽しかったね(^^)/




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月16日 06:00  学び~理科

お嫁さんを見つけよう~世界一孤独なカエルって?

マッチ・ドットコムという会社が、ちょっとかわった取り組みを行っているみたい。
マッチ・ドットコムは、結婚相手がみつからない人に対して、その相手をさがしてくたりする会社。
その会社が、ちょっと変わった動物の相手さがしをしているんだって。

『孤独なカエルに「花嫁」を、婚活サイトが絶滅回避へ寄付募る ボリビア』 CNN


その動物は、なんでも、「世界一孤独なカエル」とのこと。
孤独(こどく)というのは、ひとりぼっちで仲間がほとんどいない状態のこと。

「世界一孤独なカエル」って、いったいどんなカエルなんだろう?
ちょっと想像してみてね。



・・・



マッチ・ドットコムの今回のお客様は、世界一孤独なカエル、ロミオくんだ。
年齢は、11歳。
南ボリビアという国に住んでいる。

マッチ・ドットコムのサイトには、ロミオくんの写真や動画が、いろいろな情報とあわせてのせられている。
それによると、ロミオ君は、とても「ひかえめ」で、「食べることが大好き」らしい。

そして、このロミオくん、同じ種類の仲間が、まだ一匹もみつかっていない、とてもめずらしいカエルなんだ。
だから、「世界一孤独」って呼ばれているんだね。

ロミオくんが、生物学者の人に見つけられたのは、10年前のこと。
その1年後には、結婚相手をもとめて、元気になき始めた。

でも、仲間は、まったく見つからず。
年をとったロミオくんは、なき声に元気がなくなってきているんだって。

お嫁さんは、同じ種類のカエルのメスでなければならない。
もしも、このままお嫁さんが見つからなければ、ロミオくんは、子どもの残すことができない。
そうなると、この種類のカエルが、絶滅してしまうことになる。

絶滅となると、これは、悲しい。
お嫁さんが、見つかるといいね。

写真は、ニホンアマガエル。ウィキペディアより。
こちらは、日本にたくさん住んでいる。
一方で、ボリビアのロミオくんは、セイウェンカズミズガエルという種類のカエル。
この種類のカエルは、世界でロミオくん一匹だけ。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月15日 06:00  学び~社会

ピョンチャンオリンピック~マスコットはどんなキャラ?

前回は、今冬季オリンピックが行われてる、ピョンチャンについて紹介したよ。
日本人選手もだいかつやく中。
すでにメダルをとった選手が、何人もいるよ。

『オリンピックがはじまったよ~会場となるのは、どんな場所? 』
http://rakuto-toyota.jp/e435269.html


さて、オリンピックといえば、気になるのがマスコット。
2020年に行われる東京オリンピックのマスコットは、現在、小学生による投票受付中。
投票は、今年2018年の2月22日まで。
すでに、マスコット選びをおえた子どもたちも、いるんじゃないかな?

『2020東京オリンピック~マスコットを選ぶのは? 』
http://rakuto-toyota.jp/e414881.html


東京オリンピックのマスコットが発表されるのは、2月28日。
そちらも結果も気になるけど、今行われているピョンチャンオリンピックのマスコットも、チェックしてみよう。

まずは、写真(ウィキペディアより)から。





ピョンチャンオリンピックのマスコットは、この2人。

左にうつっているのが、スホラン。
スホランは、2月9日から25日まで行われる、オリンピック大会のマスコットだ。

右にうつっているのが、バンダビだ。
こちらは、3月9日から18日まで行われる、パラリンピック大会のマスコットだ。

スホランとバンダビ、どちらも韓国ではとても大切にされているある動物が、モチーフになっている。
何の動物か、わかる?
写真を見ながら、想像してみてね。



・・・



まずは、スホランから。
モチーフとなったのは、白いトラ。
韓国では、人々を守ってくれる神様として、大切にされている。

スホランの「スホ」は、守護(しゅご)、つまり人々を守ってくれるという意味。
「ラン」は、ピョンチャンのある地方でむかしから伝わってきた、「旌善アリラン(チョンソンアリラン)」という民謡(みんよう)からとったんだって。

スホランは、守護者(しゅごしゃ)、つまり人々を守ってくれるキャラクターだ。


お次は、バンダビ。
こちらのモチーフは、ツキノワグマ。

檀君神話(だんくんしんわ)という韓国の神話にも登場するツキノワグマは、韓国の人々にとっては神様のようなもの。
白いトラと同じく、韓国の人たちに、とても大切にされている。

バンダビの「バンダ」は、韓国の言葉で、「むねに半月のもようがあるクマ」という意味。
それに、大会を記念する「碑(ひ)」という意味をこめて、バンダビと名付けられた。

バンダビは、人々に、つらいことにたえる力や、勇気をあたえてくれるキャラクターだ。


スホランとバンダビ。
オリンピック会場やパラリンピック会場のあちこちでかつやくしているはずだ。
みんな、テレビでチェックしてみてね。


⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月14日 06:00  学び~社会

オリンピックがはじまったよ~会場となるのは、どんな場所?

今年2018年2月9日、待ちに待った、冬期オリンピックが開幕したよ。
場所は・・・みんな、どこだか覚えてる?

漢字で書くと、「平昌」。
なんて読むんだっけ?



・・・



答えは、ピョンチャン。
今回のオリンピックは、韓国のピョンチャンという場所で行われている。

ピョンチャンって、いったいどんな場所なんだろう?
今日は、少しだけ、ピョンチャンについて紹介するね。


韓国の首都ソウルから、高速バスにゆられること2時間30分。
太白山脈(たいはくさんみゃく)などの山に囲まれた場所に、ピョンチャンの街がある。

面積は、およそ1463平方キロメートル。
日本で一番面積が小さい香川県が、1876平方キロメートル。
それよりも、少しせまい感じ。

人口は、およそ4万人。
そんなに大きな町ではなさそうだ。

山間にあるので、気温は低い。
いままでで一番寒かった時の気温は、マイナス28.9度。
とても寒い。

寒いので、さぞや雪もたくさん降るんだろうと思ったら、そうでもない。
今までで一番たくさん雪が積もったのは、188.8センチメートル。
韓国では、相当雪がたくさん降る方だけど、日本の豪雪地帯(ごうせつちたい)にくらべたら、少ない。

例えば、青森県。
2013年、青藻地検の酸ヶ湯(すかゆ)という場所では、566センチメートルの積雪が、記憶されている。

ピョンチャンは、スキーリゾートとしては、雪が少ない方みたい。
だから、今回のオリンピックでも、人工雪がたくさん使われている。

ピョンチャンで有名な場所といえば、やはりスキー場。
ドラゴンバレーとも呼ばれるスキーリゾートは、『冬のソナタ』というドラマのロケ地として、とても有名な場所だ。

観光でおすすめなのは、月精寺(げっせいじ)というお寺。
643年にたてられたといわれている。
日本の法隆寺がたてられたのが、607年。
法隆寺にまけずおとらずの歴史を持つ、立派なお寺だ。

さて、そんなピョンチャンオリンピックから、ちょっとおもしろいニュースが。
ノルウェーの選手たちの食事を作る調理師の人が、とんでもない失敗をおかしたらしいよ。


『卵1500個の注文が1万5000個に ノルウェー選手団、翻訳で手違い』 CNN

その調理師さん、タマゴ1500個を注文するつもりが、まちがって15000個も注文しちゃったんだって。
これは、大変。
ノルウェーの選手たち、しばらくはタマゴ料理が続くかもね。

さて、ピョンチャンオリンピックは、この後、2月25日まで続く予定。
日本の選手も続々登場する予定。
みんなで、応援しようね。

写真は、ピョンチャンのスキーリゾート。ウィキペディアより。




⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月12日 06:00  教室点景

先週の教室より~歴史の長さを体感しよう♪

今月から新年度入りしたRAKUTO豊田校。
新しく入ったメンバーも、そろそろ慣れてきたかな・・・と思いきや、インフルエンザなどでお休みの子が多い。
みんな、はやくよくなってね。

2月のステップ歴史は、旧石器時代。
保護者の方から、ながーいロール紙をいただいたので、せっかくだから使ってみよう。
・・・ということで、大きな年表づくりから。

旧石器時代は・・・7メートルくらい。
ながっ!

大正時代は・・・1ミリちょっと。
みじかっ!

ながーいロール紙のおかげで、それぞれの時代の長さを実感できました(^^)/





2月のホップ国語は、金子みすず詩集。

先週は、『わたしと小鳥と鈴と』がテーマ。

「まずは、自分が勝てないすごいと思うやつを、真ん中に書いてみよう。学校の友達でもいいし、アニメキャラでもいいし、動物でもいい。何かの道具でもいいよ。」
「それがかけたら右向きにブランチを出して、それがすごいところをいっぱい出してみてね。」
「次は左向きにブランチを出して、自分の方がすごいと思うところを、いっぱい出してみてね。」

楽しく、発想しました(^^)/





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)

2018年02月09日 06:00  学び~社会

ナスカの地上絵~どうやってかいたんだろう?

前回は、ナスカの地上絵について書いたよ。

『世界遺産にトラック侵入~ナスカの地上絵って?』
http://rakuto-toyota.jp/e434740.html

ハチドリの絵は、96メートル。
シャチは、65メートル。
イグアナは、なんと180メートル。
135メートルのコンドルも。

とても大きなナスカの地上絵。
地上からみても、それが絵だとさえわからない。
高い高い空の上から見て、はじめて何かの絵なんだとわかる。

ショベルカーなどのない時代。
いったい、どうやって、こんな大きな絵をかきあげたんだろう?



・・・



地上絵があるパンパ=コロラダ、パンパ=インヘニオ盆地は、暗い赤色をした石がごろごろしている。
この石をどんどん取り除いていくと、下の方からは、白い石があらわれる。

この白い石が、地上絵の線となる。
例えば、パンダの絵をかこうと思えば、パンダの形になるように、黒い石を取り除いていけばよい。

ナスカの地上絵は、「岩をほって」というよりは、「いくつかの石をどけて」えがかれているんだね。

問題となるのは、その大きさ。
大きすぎて、地上からみると何がなんだかわからない。
これでは、絵をかく人も、どこにどう線を引いていいかわからない。

「運動場に、めいっぱいの大きさで、ドラえもんをかいてみて。」

こんなことを言われたら、みんな、どうやって絵をかく?
想像してみてね。



・・・



運動場いっぱいのドラえもん。
例えば、一人が校しゃの屋上にあがって、「そっちじゃないよ、こっちだよ。」とか指示を出せば、かけるかもしれない。
しかし、ナスカの地上絵は、飛行機が飛ぶくらいの高さから見て、やっと絵だとわかる大きさ。
建物や、ちょっとしたがけの上から見ていても、よくわからないはずだ。

では、どうやってかいたのか?



・・・



これは、あくまで予想なんだけど、「拡大法」という方法を使ったみたい。

例えば、直径100メートルのドラえもんの顔をかくとしよう。

まずは、絵の中心の場所を決める。
そこに普通に目に見える大きさで、ドラえもんをかく。

次に、えがかれた線のそれぞれの場所から、ぴったり100メートルはなれた場所に、線を引いていく。
ひとりは、小さなドラえもんの絵の場所で、100メートルをはかりながら、どちらの方向に動けばよいか指示を出す。
もう一人は、いわれたとおりに線を引いていく。
こんな感じで、小さな絵をもとにして、大きな絵をかいたらしい。

日本のある小学校では、算数の「比例(ひれい)」の勉強の一部として、運動場に大きな地上絵をかいたらしいよ。
面白そうだよね。


それにしても、ナスカの人たちは、なんのためにこんな大きな絵をかいたんだろう?

これには、いろいろな説がある。
お祭りのためだとか、雨ごいのためだという説もある。
一方で、大人になった時にきちんと絵がかけるかどうかで、頭の良さをためしたなんていう説もある。

答えは、まだまだわかっていない。
みんなは、どんな理由で、こんな大きな絵をかいたと思う?
想像してみてね。


写真は、ハチドリの地上絵。ウィキペディアより。





⇒RAKUTOの理念
⇒コース/料金
⇒説明会/体験授業
⇒レッスンの様子はこちら  


Posted by RAKUTO豊田校 │コメント(0)
このページの先頭へ